FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ旅行記⑤

ぐっもーにん摩天楼。
CIMG1781.jpg
ビルにはタチコマが合うね。

今日はノースバンクーバーの森に行きます。

まず来たところは
「キャピラノ孵化場」という鮭の養殖施設。
CIMG1800.jpg

北海道は標津町のサーモンパークと提携してるらしいです。
CIMG1783.jpg
あそこには昔行ったことがあるのです。
懐かしいなぁ。

川の脇にある施設です。
CIMG1784.jpg

こんな感じで鮭が登るのが見えます。
CIMG1785.jpg
CIMG1787.jpg
CIMG1789.jpg
標津にもこんなのあったなぁ。

標津のサーモンパークは確か開けたところにあったけど、
こちらは山間部。
比較的こじんまりとした感じです。
CIMG1792.jpg

養殖プール。
CIMG1795.jpg
水面を見ていると、時々稚魚が跳ねていました。

鳥も居ました。
CIMG1798.jpg

続いて訪れたのが
CIMG1819.jpg
森林についての体験施設
・・・なのかな?

まずつり橋がお出迎え。
CIMG1802.jpg
歩くとかなりゆれます。

高さはまあまあ。
CIMG1803.jpg
CIMG1804.jpg
最近まで山の中に住んでいた身としては
そこはかとなく懐かしい雰囲気・・・かも。

池があったり。
CIMG1806.jpg

上に道があったり。
CIMG1808.jpg
CIMG1809.jpg
CIMG1812.jpg
CIMG1815.jpg

違う角度からつり橋を見たり。
CIMG1818.jpg

作り物感がぷんぷん臭ってくる施設だったけど
まあ面白かったかな?

午後はまたバンクーバーの街中探索。

美術館です。
CIMG1820.jpg
時間があったら見に行こうかと思ってたけど
行けずじまい。

カナダの鳩。
CIMG1821.jpg

バンクーバーオリンピックのときの聖火台を見に行きました。
CIMG1823.jpg

隣にあったシャチ。
CIMG1833.jpg
「デジタルオルカ」って書いてありました。
CIMG1830.jpg
なんだかカッコいい角度が見つからない・・・
CIMG1834.jpg
隣の建物の中から見るように作ったんだろうか?

近くに飛行艇乗り場がありました。
CIMG1835.jpg

よく見ると先端に揺らぎが・・・
CIMG1838.jpg
ガス出てるの・・・?

隣の変わった建物。
CIMG1841.jpg

ここからアラスカクルーズに行く大型船が出るんだとか。
CIMG1844.jpg

シーバス。
CIMG1847.jpg

バイクも合うねぇ・・・。
CIMG1853.jpg

夕食の後、夜の街に出かけます。
CIMG1858.jpg

月が出ていました。
CIMG1868.jpg

あやしい色の聖火台。
CIMG1870.jpg

対岸もきれい。
CIMG1881.jpg

夜のオルカもいいね。
CIMG1876.jpg
CIMG1884.jpg

少したつと色が変わりました。
CIMG1893.jpg
CIMG1899.jpg
CIMG1896.jpg
でーん

謎の建物もライトアップ。
CIMG1897.jpg




六日目。
今日はもう帰国の途につきます。

朝食を食べた最上階のレストラン
「クラウドナイン」
CIMG1901.jpg

町中走っていたのに、なかなか取れなかったトロリーバス。
CIMG1902.jpg

帰りの飛行機。
A330だったかな?
CIMG1903.jpg
そういえばエアバスの飛行機は初めて乗ったのね。




という感じで幕を閉じたカナダ旅行。
割と忙しいスケジュールだったけど、色々見れて良かったなぁ。

今度は国内旅行に行きたいです。
京都とか。
スポンサーサイト

カナダ旅行記④

今日はまだ暗いうちに出発しまう。
CIMG1724.jpg
さらば、ロッキーの山々。




・・・とぅ!
つきました。
カナダ西の玄関口、「バンクーバー」でございます。

公園めぐりその1
CIMG1726.jpg
ビクトリア公園だっけかな?
CIMG1729.jpg
CIMG1730.jpg

カナダのカラス。
CIMG1733.jpg
だいぶ近寄れました。

カナダのリス。
CIMG1736.jpg
全く近寄れませんでした。

かなり都会な感じなのに、動物がたくさん居るようです。

CIMG1737.jpg
CIMG1739.jpg
CIMG1740.jpg
CIMG1743.jpg

ベンツとぷらぃおぅす。
CIMG1745.jpg
なんかシュール。

ここで移動。
スタンレー公園、トーテムポール広場です。
CIMG1746.jpg
CIMG1751.jpg

その裏に海。
CIMG1750.jpg
硫黄集積場らしい。

海軍の船だそうな。
CIMG1753.jpg

摩天楼ってやつかねぇ?
CIMG1756.jpg

水上のガソリンスタンド。
CIMG1757.jpg
タグボートなどが給油に来ます。

なにやら鳥がいっぱい・・・
CIMG1760.jpg
CIMG1762.jpg
CIMG1763.jpg
カナダガンだそうです。
草食べてました。

要人が来ていたのか、リムジン。
CIMG1766.jpg
運転席のおっさんが怖くて正面からは撮れません・・・

馬車。
CIMG1767.jpg

公園から街の中に移動。
ダウンタウン散策。

一番高いビル。
シャングリラって言うんだそうな。
CIMG1769.jpg
ジャッキー・チェンが一室買ったとか買わないとか。

謎の建物。
CIMG1772.jpg

JAPADOG
CIMG1775.jpg
店員さんが日本人。
お話して楽しかったです。

急に暗くなりましたが、本日のお宿
「エンパイア・ステイト・ホテル」
CIMG1776.jpg
あやしい。
てっぺんの丸いのはレストランです。


⑤に続く。

カナダ旅行記③

少々間を空けてしまいましたが、まだ続きます。
⑤位までいきます。
たぶん。



今日もこの山から始まります。
CIMG1677.jpg
朝日で凹凸が浮き出てきれいだなぁ。

今日はゴンドラで近くの山に登ります。
CIMG1678.jpg
CIMG1679.jpg
ゴウンゴウン


登った。
CIMG1683.jpg

遠くまで見えますよ~
CIMG1684.jpg

しかし山頂はまだ上にありました。
CIMG1685.jpg
CIMG1687.jpg
CIMG1690.jpg
一度下って登ります。
浅間隠しみたいだね。

振り向くと朝日が。
CIMG1697.jpg

一日目に見に行った
バンフスプリングスホテルが見えます。
CIMG1699.jpg

ものすごくきれいなので撮りまくりました。
CIMG1700.jpg
バンフの街が一望できます。
しかし、泊まったホテルは中央の丘の陰になっていて
見えませんでした・・・
CIMG1702.jpg
CIMG1703.jpg

山頂の観測所跡。
CIMG1704.jpg
住み込みで観測していたらしく、中は当時の
様子を再現して展示してありました。

向こうに日本があるらしい・・・
CIMG1707.jpg

ゴンドラ乗り場のスタバの装飾にされているベアリング。
CIMG1708.jpg
ドイツ製らしい。
CIMG1709.jpg

バンフの街中はこのバスで一周できます。
便利です。
CIMG1710.jpg

メインストリートの端の橋から見るボウ川。
CIMG1711.jpg

メインストリート。
CIMG1715.jpg

飛び出し注意。
デデーン!
CIMG1717.jpg
言葉は不要か・・・
横断歩道。
CIMG1718.jpg

スーパーで買出し。
CIMG1719.jpg
全部で30ドルくらいでした。
ビーフジャーキーが一番高かった。



三日目は半日街中を散策して終了。
日曜日なので地元の(?)人がいっぱい居て怖かったです。
怖い人が居たんじゃないんだけどね・・・

いや、それほど怖くなかったかも・・・



④へ続く・・・

カナダ旅行記②-2

前回に引き続き山が連なります。
CIMG1592.jpg
CIMG1593.jpg
CIMG1594.jpg

そして見えてきた目的地。
「アサバスカ氷河」
CIMG1602.jpg
あそこを登るらしいです。

左がアサバスカ氷河、
右は・・・
CIMG1612.jpg
・・・

こっちに登ります。
CIMG1609.jpg

氷河を登るための専用車両
CIMG1631.jpg
カナダ唯一の国産車なのだとか。
詳細は、後ほどお届けする番外編
「かなだの すてきな じどうしゃたち」で。

「ブーン ドドゥー」
CIMG1622.jpg
・・・という音はしません。

車窓から。
ちょっと左によってしまいましたが
「AA氷河」「ダブルA氷河」と呼ばれる氷河。
CIMG1625.jpg
アンドロメダ山→と
アサバスカ山←に挟まれているから
イニシャルを取って「AA」なんだって。
アサルトアーマーじゃないよ。

アンドロメダ山には
「アンドロメダ氷河」がへばりついています。
CIMG1627.jpg

中腹に到着。
「氷瀑」と呼ばれる氷の滝です。
CIMG1650.jpg
立っている場所は滝壺にあたり、
比較的安定しているので進入できるのだとか。

雪が飛んでいるところは
透き通った青い氷が見えてきれいです。
CIMG1640.jpg
CIMG1642.jpg
CIMG1644.jpg
CIMG1645.jpg

見上げるアンドロメダ山
CIMG1643.jpg
CIMG1646.jpg
スケールが分かりづらいな・・・

タチコマon氷河
CIMG1652.jpg
比較対象があったほうが分かりやすいかと思ったのだけれど、
そんなことなかったぜ・・・

タチコマとタイヤ
CIMG1654.jpg
CIMG1653.jpg
こっちは分かりやすい・・・かな?
直径1500mmなんだとさ。

雪上車の停留所に置いてあった旧車両。
CIMG1657.jpg
履帯がアツイ。




そして帰ってきたボウレイク。
CIMG1662.jpg
なぜ急に飛んだかというと・・・
疲れて寝てたんだ・・・
・・・寒かったんだもん・・・

山の影で色がくっきり分かれています。
CIMG1665.jpg

ボウレイクのすぐ近く
「クロウフット氷河」
CIMG1670.jpg
CIMG1668.jpg
ここのところが鳥の脚に・・・
CIMG1669.jpg
・・・見える。



落ちのカナダうどん
CIMG1674.jpg



「あれ?コロンビア大氷原行ってないじゃん?」
と思ったあなたは鋭い!
チョコバーをあげよう!

そう、実は「コロンビア大氷原ツアー」と謳われているものは
実は「アサバスカ氷河ツアー」なのです・・・

コロンビア大氷原はそこから見上げた先にあるそうで・・・

ぬぅ・・・なんだかなぁ・・・




そんなこんなで次回もお楽しみに。

カナダ旅行記②

CIMG1503.jpg
ぐっもーにん。
部屋から見える山。

今日はカナディアンロッキーの目玉スポットでもある
「コロンビア大氷原」へ行きます。
寄り道をしながら。

昨日と同じくバスで揺られること数十分、
最初の寄り道ポイントに到着。

木立の中から・・・
CIMG1522.jpg
CIMG1516.jpg
なるほど、絶景とはこのことか・・・

ここは「ヴィクトリア氷河」と、
そこから流れ出る水でできた湖
「レイク・ルイーズ」
CIMG1510.jpg
CIMG1512.jpg
日が昇って間もないので風がなく、湖面が穏やか。
水も澄んでいてとてもきれいです。

その駐車場で出会った
カナディアンわんわんお
CIMG1528.jpg

CIMG1531.jpg
中国の"超"休暇。

次の目的地に急ぐためすぐに出発。
CIMG1533.jpg
さようならヴィクトリア氷河。

移動に利用している93号線にかかっている
動物専用の橋
「アニマル・オーバー・パス」
CIMG1536.jpg
国立公園を分断する高速道路による生態系の破壊を防ぐため、
「アニマル・アンダー・パス」
と呼ばれるトンネルに続いて発案された建造物。

ちなみに人間が渡ると、こっぴどく叱られた上、
2000ドルほど罰金を取られるのだとか。

そして見えてきた
またしてもきれいな湖
CIMG1537.jpg
名前は・・・
CIMG1538.jpg
・・・忘れた・・・。
CIMG1539.jpg
まぁ、それほどきれいだったということで。

車窓にはこんな感じの山々が連なります。
CIMG1554.jpg

そしてまたきれいな湖。
CIMG1557.jpg
CIMG1559.jpg
この湖の名は「ボウ・レイク」
そう、ボウ川の水源です。
CIMG1561.jpg
そしてここの水は、
奥に見える「ボウ氷河」から流れてきます。
CIMG1562.jpg
ボウ好きだなぁ・・・

ボウの由来は川が弓のように曲がっているから・・・
・・・と思いきや、
先住民がこの川の周辺の柳を
弓の材料に使っていたからなんだとか。
・・・少し捻りを利かせてきたか・・・?

この湖には帰りも寄ります。

連なる山々の間から氷河がちらほら・・・
CIMG1563.jpg

CIMG1569.jpg

この氷河の名前は
「スノウバード氷河」
CIMG1572.jpg
その名の通り、
渡り鳥が羽を広げて降下しているように・・・
CIMG1574.jpg
見えるかな・・・?

更に山は連なります。
CIMG1575.jpg

「渡り鳥の湖」という湖。
CIMG1577.jpg
ロッキーを越える渡り鳥がここで羽を休めるとか
休めないとか。
CIMG1582.jpg
CIMG1585.jpg

本日のお昼処。
93号線唯一のガソリンスタンドでもある。
CIMG1590.jpg
冬の間は営業しないのだとか。

駐車場からの眺め。
CIMG1588.jpg
CIMG1587.jpg
CIMG1589.jpg
CIMG1591.jpg
標高高いのに空が遠い。



まだまだ続きますが、長くなりそうなのでここで一旦。
②-2に続く。

つづく!
プロフィール

北極

Author:北極
自分はかつて「血も涙も無い鬼畜」と呼ばれ、耐寒性能において無双を誇った生物。
そう、あれは雪の降る寒い日のことだった・・・

最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
連絡通路
A.T.E.T Lf Twins 『マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ 02』を応援中! アージュ最新タイトル『マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ 01』を応援中です!
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。