FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋餅と私

諸君、私は芋餅が好きだ。

その芋餅は北海道の郷土料理だと思っていたのだが、どうやら和歌山にも同じものがあるらしい。

そして我一族の家系をたどると、どうやら和歌山辺りからの移民らしいのだ。

つまり、この嗜好は、遺伝子に刻まれた価値観という事に・・・



まぁ、そんな事とは関係なく、芋餅は簡単に作れて美味しいよ。
作り方を書いておくから、おなかが減ったら試してみてな?

材料:ジャガイモ、片栗粉

片栗粉の分量は、ジャガイモ1個に対して大さじ2~3らしい。
でも、ふつうはテキトーに入れる。
テキトーに作っても美味しい。
それが芋餅のもう一つの魅力だとかそうでもないとか。

作り方1:皮をむいた芋をゆでるか、蒸すかする。

竹串が通ったら、蒸しあがりの合図だとかそうでもないとか。
適当な大きさに切っておくと早い。

作り方2:ジャガイモを潰しつつ、片栗粉を混ぜつつ、こねる。

粘り気が出てきたらおk。
好きな大きさにまとめて、それっぽい形にする。

作り方3:フライパンで焼く。

透明感が出てきたらおk。

できた。
とってもかんたんね!

あとは自分の好きなもので味をつけて喰らうべし。
自分は砂糖醤油がスタンダードだと思いこんでいたりそうでもなかったり。
スポンサーサイト

好きなゲーソンbest10 後篇

後半は完全にマブラヴが制圧しました・・・
どうぞ・・・



6.翼   遠藤正明

マブラヴ オルタネイティヴ 挿入歌
ライブバージョンしか無かったよ・・・
使われているシーンのこともあって、とっても勇気の湧く歌。



7.覚醒~Brave mind~   きただにひろし

アージュFC専用ソフト「アユマユ オルタネイティヴ」メインコンテンツ
「アユマユ オルタネイティヴ」OP曲
ニコドウ[【H.264】アユマユ オルタネイティヴ OP]
↑みたいな・・・ふざけてるのか真面目なんだかわからないような感じだけど、曲はとってもカッコイイと思うんだ。
「最後まで命には聖なる義務がある」とか熱すぎる・・・



8.calling   美郷あき

マブラヴオルタネイティヴ クロニクルズ
この曲が使用されているアージュ十周年記念PV↓が泣ける・・・




9.最後のエデン   美郷あき

マブラヴ アンリミテッド ザ・デイアフターOP主題歌
実はまだ0話しか出ていなかったり・・・
1話が収録される「マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ02」は2011年6月24日発売予定!



10.Once & Forever   GRANRODEO

マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ アバンタイトルムービー
いまマブラヴを薦めるなら、このムービーを見せたいね。
GRANRODEOを知るきっかけになった曲




うん・・・自分がマブラヴにハマってるっていうのは
すごく伝わったと思う・・・

好きなゲーソンbest10

暑くて作業が進まないので続けるこのシリーズ。
だれか・・・誰か冷房の使用許可を・・・ッ!

アニソンでやったならゲーソンでもやるべきだよね。
というわけで曲順・選曲は前の方法と同じ。

しかし、あまり面白くないかもしれない。
なぜなら、大半がアージュ・マブラヴ関連で埋まってしまったから・・・



1.INSANITY   奥井雅美

マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 
このムービーに圧巻されたので、あえてフルじゃないのを張る。

・・・実はまだゲーム化されてなかったり・・・



2.紫音-sion-   奥井雅美

マブラヴ アンリミテッド 限定解除版OP
曲の入りが気に入ったのと、他にあまり良いのがなかったので、またしてもフルじゃないのを貼る。
自分は限定解除版のほうはやったことないのだけれども、とても気に入ってる曲。
限定解除版の主題歌を作るにあたってマブラヴをプレイした彼女が、もっとも共感したメインヒロインの一人「冥夜」に歌った曲。



3.かがやく時空が消えぬ間に   栗林みな実

オルタのファンディスク「マブラヴ オルタードフェイブル」のメインコンテンツ
「かがやく時空が消えぬ間に」エンディング曲
かがやくときがきえぬまに。

まさかの検索該当なし。ピアノで弾いてる方がいたのでぺたり。
ncnc動画のアカウントを持ってる方はこちらを推奨↓
[マブラヴ かがやく時空が消えぬ間に(フルコーラス)]
MADとしても秀逸。

オルタに深く感銘した栗の子が、自らが演じる「社霞(やしろ かすみ)」 の気持を歌った曲。
栗の子の曲で一番好きなんだけど、検索結果からも分かるとおり、知名度が究極に低いのよね・・・もっと評価されるべき。
「バイバイ」じゃなくて
「またね」って言おう・・・



4.飛び方を忘れた小さな鳥   MISIA

スターオーシャン3 Till the End of Time エンディング・テーマ曲
自分がゲームのサントラを集めるきっかけになった曲。



5.The Journey Home(On Radio)   Mary

エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー 挿入歌
空を往く者たちのテーマ曲。
エンディングバージョンよりも、こっちのアレンジが好き。



何か綺麗にまとまった感じがするけど
後半へ続く。

好きなアニソンbest10 後半戦!

というわけで残り半分逝ってみまSHOW!



6.夢想歌   Suara

うたわれるものオープニング曲
「うたわれ」は原作プレイしてラジオも聞いたけどアニメは見てない・・・
suaraさんを知るきっかけになった曲。



7.炎のさだめ   TETSU

言わずと知れた装甲騎兵ボトムズOP
「むせる」でネタにされる曲だけど、自分は純粋に良い歌だと思うんだ。



8.守りたいの   冨永みーな

機動警察パトレイバーOP
野明役の冨永さんが歌ってるからキャラソンともとれる。
カラオケ行っても最近歌ってないな・・・
今度歌おう。



9.I Do   Ilaria Graziano

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 挿入歌
ここで挙げる中で一番泣ける・・・



10.Heart All Green   栗林みな実

舞-乙HiME Sifr 第2巻主題歌
らしい。
これも本編見たことないけど、栗の子のアニソンでは一番好きかな?




・・・といった感じになりました。
ジャンルバラバラやなぁ・・・
購入した曲オンリーだからかな・・・?

好きなアニソンbest10

某動画サイトで作業用BGMを漁ってたら
「アニソンbest10・・・そういうのもあるのか」
となったので三度ランキング。
もうわかってると思うけどランク付けはしないんだ。
ようつべで検索して出てきたら貼っていこうと思います。
だいたいXアプリで漁って出てきた順です。



1.荒野のヒース   akino

創聖のアクエリオン挿入歌からのエンディング曲
アクエリオンは名曲揃いだけど、この曲が一番好きかも。



2.Canvas   COOLON

交響詩編エウレカセブン、終盤のエンディング曲
映像と相まって泣けた・・・



3.W-infinity   三重野瞳&影山ヒロノブ

GEAR戦士電童OP
影山さんのハモリがたまらない曲。



4.Virgin’s high!   MELL

スカイガールズOP、らしい。
らしいというのは本編を見たことがないから・・・



5.lithium flower   Scott Matthew

攻殻機動隊S.A.C.エンディング
タイトルも素敵な曲。
リチウムフラワーってのは少佐のことを言ってるんだろうか。





動画貼りまくると重くなりそうだから一旦切りますかね?
というわけで
つづく!

好きなゲームbest10

前回はアニメでやりましたが、今回はゲームで逝こうと思います。
そして、今回も特に順位はつけないんだ・・・



1.ARMORED CORE for Answer

諸君、自分はACが好きだ。
アーマード・コアが、大好きだッ!

fAはオンライン対戦において致命的な欠陥を抱えるものの、シリーズ中最も遊んだタイトルである。
パーツの量やバランス、操作性などがACの集大成ともいえるレベルでまとまっていると思う。
ただのテストモードで機体を動かしているだけで楽しめるゲームなど、そうそうあるものではないだろう。

先日実機プレイ映像が配信されたACVにも期待が高まる中、このゲームはまだ遊べる。



2.スターオーシャン Till the End of Time

天下に名高いスターオーシャンシリーズ、それを知るきっかけになった作品。
衝撃的な結末によりシリーズファンからは悪評高い本作だが、自分は一番好き。

アクション性の高い戦闘、敵をスルーできるエンカウント方式、広大な世界観・・・
自分の中ではRPGの基準となっている。こうでなくては面白くない。
SFのなかで魔法などのファンタジーを実現しているのも好き。



3.「マブラヴ」シリーズ

いいのか、ホイホイついてきちまって・・・
自分はコンシューマーゲー以外だって構わず喰っちまう男なんだだぜ?

世界観が好き
ストーリーが好き
メカニックが好き

原作は所謂「エロゲ」であるが、それすらも利用した(例えば「ルート」を「ループ」に置き換えるなど)ストーリー展開。これには衝撃を受けた。

ADV最高峰ともいえる映像演出が、感情移入をなめらかにする。
当時は「瞬き」「クチパク」が斬新だった。
PO、ED、挿入歌も秀逸。

初出が2003年、現在もサイドストーリーや続編が進行中で、
コトブキヤによるプラキット化、リボルテックシリーズも待ち遠しい。
今後のメディア展開にも期待したいが、あの量・密度のストーリーをアニメ化とかは無理じゃないかと・・・
戦術機のアクションゲームもぜひ作ってほしいけど、キャラゲー化しそうで怖い・・・

すべてのメディアにおいて、一番感動した作品。
これを見ずしてSFを語るべからず。

祝!X-BOX360版発売決定!




4.エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー

空のACのなかで一番好きな作品。
映画のような雰囲気・世界観。
BGMも素敵。

劇中において「2020年にラーズグリーズについての情報を公開する」とされており、何らかの形での映像作品化をひそかに期待している。



5.エースコンバット3 エレクトロスフィア

実在の機体が登場しない、HUDがゲームっぽいなどと難癖をつけられる作品だが、いいじゃない。ゲームだもの。
最近のエスコンシリーズは一応同時間軸上でストーリが展開しており、それの最も未来の話。
それゆえのシリーズ中最もSFチックな感じが好き。
衝撃のラストも。

「レナはフランカーに乗れていいよなー」
「おしゃべりしない!」
「攻撃を開始します・・・」

ちなみに一番好きなウィングマンはフィオナ。





ここで半分か、相変わらずメカミリだらけだZE☆





6.CALL of DUTY 4 MODERN WARFARE

FPS初プレイ作品。
ストーリ展開、テンポが好き
雰囲気が好き
GAZが好き。

当初FPSは食わず嫌いしていたのだが、プレイしてみて良さを実感。
プレイしているのを見ていても面白い程。
初めに良い作品に当たってしまったため、他のFPSが見劣りしてプレイしにくくなってしまった・・・



7.アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

うほ、いい木曜洋画劇場・・・!

探検してる感が良い。
・・・途中からいつの間にか戦争になってるけど。

これをやった後に前作「エル・ドラドの秘宝」もプレイしたけど、何かボリューム不足感。
1作目が面白く、2作目はもっと面白いという珍しい作品だろう。
「PS3で面白いゲームない?」と聞かれたら、とりあえずこれをお勧めする。



8.エナジーエアフォース

真実という、究極のリアル

その名の通り、シビアすぎて乗機ライセンスをもらう試験を突破できず、実戦に出撃できないまま積まれていった・・・というゲーム。
そこそこの売上はあったものの、続編である「エナジーエアフォース エイムストライク」は新品が1000円以下で入手できるほど。

斯く言う自分もラストミッションがクリアできないままPS2がプレイできない状況になり、エイムストライクは未開封で保存してありますよ・・・大型ショッピングセンターのゲーム屋で新品980円でした・・・

ただこのゲームはただ理不尽に難しいというわけではなく、ある程度なれれば面白くなるという、ある意味ACのような持ち味があり、それがとても気に入っているわけです。究極のリアルは伊達じゃない。空を飛んでいる感覚がものすごく楽しい。

テストモードで楽しめるゲームその2。



9.メタルギア・ソリッド4 GUNS OF THE PATRIOTS

言わずと知れたメタルギアソリッドシリーズ、ソリッド・スネーク最後の物語
・・・のはず・・・

アクションの自由度や雰囲気、HUD・メカデザインなどが好き。
ムービーゲーという批評も耳にするが、いいじゃない。映画っぽいんだもの。

この4を境に、メタルギアはステルスゲームからTPSに変化したように感じる。
後に発売された「ピースウォーカー」もプレイしたけれど、何か雰囲気が違和感だらけで、あまり楽しめなかった。

もしかすると、これが自分にとっても最後のメタルギアになるのかもしれない。



10. .hack//

ドット・ハックの初代シリーズ。
vol.1~4の四部作で、1本にゲームとOVAの2ディスクが入っている。
いま思えば、これが後のバンナム商法の確立につながっていったのかもしれない・・・

ストーリーは近未来のネット普及社会を舞台としたもので、ゲームの中でMMORPGをプレイするというスタイルは斬新だったと思う。
しかし、ゲームとして面白いかといわれると・・・どうだろう・・・?

それを覆すのが「パロディーモード」の存在である。
これはゲームクリア後のおまけモードなのだが、本編をまるまる使いまわして台詞を入れ替え、もうひとつの別な話(ギャグ)を展開するというものである。もちろん音声付。
ギャグなのにきちんとしたストーリーがあり、シリアスな本編とのギャップもあって、これがたまらなく面白いのだ。

その後のG.U.シリーズはvol.1をプレイしてパロディーモードがなかったのでやめました・・・

ちなみに初めてプレイしたRPGはこれかも。






と、こんなとことか。
ゲームって、良いものですね。
君も、ゲーム好きかい?
どんなゲームが好きなのかい?

好きなアニメbest10

某掲示板の住人は、これでその人物を量る事が出来るそうな。
そこで自分も考えてみた。
自分の好きなアニメ・・・

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・なかなか決められないな・・・
どんな作品にも長所短所があり、膨大な人が係わるメディア故、時代背景なんかにも左右されたりする。
自分の好みも変化する。
当時は大好きだったけど、いま思い返してみるとそれほど・・・というものも。

とりあえず、ランク付けずに10挙げてみようか。



壱、「機動戦艦ナデシコ」
これは自分が「好きなアニメは?」と聞かれたらと、りあえず「コレ」と答えるようにしているもの。
現在の自分の好みに多大なる影響をおよぼしている作品。
ちなみに、自分が初めて買ったDVDはこれのプレミアコンプリートBOX。



弐、「ガサラキ」
これに登場するTAと呼ばれるロボットの操縦方法は、「人型である以上、人の動きをそのまま再現可能で、さらに拡張すること。」
という自分の人型機械論に反しているものの、TAの兵器感、兵器としての立ち位置、SF設定などが好き。
古代の超常現象的な儀式をSFとして解釈しなおす感じとか。
メカデザインも好き。人工筋肉という概念を初めて用いたアニメではなかろうか?



参、「フルメタル・パニック? ふもっふ」
自分がアニメーションの作画というものに興味を持ったきっかけの作品。
「京都アニメーション」の名を世間に轟かせるきっかけともなったこれは、
自分にとっては「フルメタル・パニック!」シーリーズにはまるきっかけにもなった。
良く知られていることだが、シリーズのタイトルは映画「フルメタル・ジャケット」のパロディーである。



四、「フルメタル・パニック! TSR」
アニメ版フルメタ三作目。こちらも制作は京アニ。
フルメタに対する理解が浅い人はGONZOによる一期の続編と見ることが多いようだが、自分は「ふもっふ」の続編であると解釈する。
同様に「京アニのアーム・スレイブ(フルメタシリーズに登場するロボット)の動きは人間くさくて嫌。」という意見を見たことがあるが、それは違うと断言する。
人間の動きをトレースするのがASという兵器なのだから。
京アニによる続編を希望する。



五、「戦闘妖精雪風」
GONZOによるOVA。
自分も世間一般の見解に洩れずGONZOという制作会社の作品の雰囲気が嫌いなのだが、これは例外。
いや、作品の雰囲気がマッチしていると思う。会話の間合いとか原作のまんま。
これを見たから原作である小説版「戦闘妖精・雪風」シリーズというすばらしい作品に出会えた。
制作陣には失礼だが、アニメ版はPVとしてみると取り付きやすいかも。
自分が初めて買ったブルーレイビデオはこれ。



やっと半分か・・・全部メカミリ物だな・・・
マダツヅクゾ



六、「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)シリーズ」
天下に名高いガンダム最新シリーズ(TV放映されたものとしては)。
ガンダムが好きな人たちには不評であるらしいが(特に劇場版)、自分はガンダムファンではないので問題なし。
一応子供向けでありながら、これからの地球・人類のあり方を問う作品。
メカデザインが勢力ごとに異なっており、「敵VS味方」という構図がはっきりしないのも好き。
初代ガンダムのミノフスキー粒子が完全な後付け設定であるのに対し、00に登場する不思議粒子「GN粒子」は
これ在りきで設定が構築してあり、立派なSF作品であると言えるだろう。
GN粒子の詳しい設定希望。



七、「スクライド」
男の子なら観るべきアニメ。
正義とは何か?
正義の反対は悪なのか?
人として、男として取るべきは何か?
どうする・・・どうする?
君なら、どうするッ!?
キャラデザが気に入らないとかで観てない人は男として損してる。



八、「ガン×ソード」
それは、一人のバカの敵討ち。
好きなサブタイトルは最終回直前の「バカがヨロイでやってくる」
ストーリーと雰囲気が好き。
一応ロボットものでありながら、メカ設定は浅め。
メカの部分は「カッコよさ」「強さ」などの演出であるとも考えられる。
勇者系、動物系、むせる系など、様々なタイプのロボットが登場するのも良い。
自分の中で「バカ」が最高の褒め言葉に確定した作品。



九、「デジモンアドベンチャー」
オープニングテーマ「Butter-Fly」はあまりにも有名。
テレビ本編は録画なしリアルタイムで見ていたため抜けているところもあり、断片的にしか思い出せないが、
後日談でもある劇場版「僕らのウォーゲーム!」は感涙もの。



あと一つか・・・
デジモンのところに書いたように、少し前の作品になってしまうと好きかと聞かれても
良く思い出せないというのがあって、素直に好きと言い難い・・・
挙げたいものとしては
「メダロット」
「モンスターファーム」
「六門天外モンコレナイト」
「∀ガンダム」
「サイボーグクロちゃん」
「魔法陣グルグル」

などなどなどがあるのだが・・・

まぁ、10個目はそのあたりだと思ってくだしあ。



・・・と言いたいところだったけど、やはりひとつ挙げておきましょう。



拾、「創聖のアクエリオン」
パチンコのCMで同名の主題歌が有名になったりして不本意な形で知名度の高い作品。
ファンタジー+メカニック。キーコンセプトは「合体」
河森氏によるメカデザイン、菅野よう子作曲によるBGMと挿入歌。
合体物ロボットアニメに対する新解釈。
この時期のロボアニメのスタンダードともいえるでしょう。
3DCGを主体とした迫力のある戦闘シーンも見もの。




何というかメカ・ミリタリー・SFものばかりのラインナップですね・・・
これは人間性出てるかも・・・
プロフィール

北極

Author:北極
自分はかつて「血も涙も無い鬼畜」と呼ばれ、耐寒性能において無双を誇った生物。
そう、あれは雪の降る寒い日のことだった・・・

最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
連絡通路
A.T.E.T Lf Twins 『マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ 02』を応援中! アージュ最新タイトル『マブラヴ オルタネイティヴ クロニクルズ 01』を応援中です!
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。